poppy playtime chapter 2 - 遂に出た!流行りのホラーゲームプレイする!! | ましろ / Mashiro

コメント

01:15:38(73コメント)

草 こわい がんばれ 

ぞろぞろ uooooo こんな怖いモグラ叩き嫌だ やば 多すぎるW 明るくないと無理だぁこれは やっばい やっば!? 早すぎ… 忙しい ひぃ 難しいってより理不尽よりだな こっわ ムズすぎだろこれ.. 忙しいw きっつ やばやば Vajra ナーイス! わっ ないすぅ ナイス ないす! ナイス!! おお~ ないす!!!! モグラ叩きLv100 あっぶな! すごーい Congratulations! うおおおおおおお すげええ ないすぅ!!! ナイス!!!! おぉぉ ないすぅ! あぶな すご キツいや ナイスゥ! ナイス!!!!!! むっず ふぅ これ簀戸いなwww ナイス!!! ナイスゥ Nice 完璧! ナイス! 理不尽に近いなぁこれ ないす!!! クリア!? きついね ナイス〜! エイム力も必要じゃん… ナイスぅ! 普通にめっちゃ怖い ナイスぅぅ 上手い! ナイス:clapping_hands: うまい :clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands: :clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands::clapping_hands: ないすー 最高:clapping_hands: 滅茶苦茶ハラハラするな ナイスー! マミー🇯🇵:あら、クリアしましたね。わあ。誇りに思います。はい、ヒントを1つ差し上げます。 なんか今AIMLABやってた?W すごい!! 
01:25:00(20コメント)

ほぉ Jacksepticeye🇯🇵:本当にびっくりした。私以外は誰もいないと思っていた上、そこで、ドアを向こうへ覗いて見たら、とてもでかい,何かがクヨクヨと動いていました。 the one with Green eyeball icon 

へー てぃーすのー:right_arrow_curving_up:︎ そうなんだ 「マークス、何があった?」「家に帰ろうとしたら財布を忘れたことに気づいてロビーに戻ったんだ。その時、モップの取っ手をゲートの前で見つけたんだ。」「そして、何をしたんだ?」「そして、そのモップの取っ手を拾おうとしたらモップが動いたんだ。怖くて、そのモップが置いてあるところのゲートの裏側を覗いたら、足が何千ぼんもあるすごく大きいモンスターがいたんだ。「それはただ人間じゃなかったんじゃないか?」 ほお ポッピーの中身か? へー! すげぇ〜〜 嬉しいだろうね笑 あ、そうなんだ Irish people just sound like this しかも社員だもんね Jacksepticeye🇯🇵:何を?人ではいない?。足が1000あり50フィート以上の長さをしている人が存在するわけがないでしょう。 低い声は話し相手の方か いつもその声じゃないよ Jacksepticeye🇯🇵: こんなこと誰に教えたのか、私以外。当たり前です。あなただけです。警備員たちへ監視カメラを映像を見ます。 アイルランド人だからめっちゃ英語にくせがある 
02:30:19(35コメント)

ポピー🇯🇵: マミーは私をあのまたケースの中へ閉じ込めると思いました。だが、あなたが助けました。あなたは完璧です。完璧であなたを失うことは行けません。 うん? これって前作で天井走ってた汽車とは違う? 

ポピー🇯🇵: ごめんなさい、変えさせるわけはできません。あなたのような人に会うのが初めでてです。 合格した? おっと ~? Poppy ポピー「私、どれくらいあのケースの中に入っていたと思う?あまりにも長い時間よ。考える時間も、反省する時間もたくさんあったわ。解放された後どうすればいいか考える時間も。ここで酷いことがたくさん起こったわ。でも私のどんな頼み事もあなたならやってくれるよね。私たちは。。」 おいおいおいおいおいおいおいポピーちゃんよ 翻訳ニキありがとう わお え? ヤンデレやんけー!!!!ー!! ポピー🇯🇵: 私は、この間あのケースの中に入っていたと思いますか?それは、とても長い。考える時間や反省する時間も沢山ありました なんだって! ほう 草 完璧だから逃さないのかわいいな 優秀すぎたか… 急展開きたな 電車を止め!!! 結局こいつも ってか えっ ヤンデレかぁ? !? おっと? こいつもやばかった やっぱこいつ黒幕だったか やりやがったな!? おや…? 裏切ったな! ヤンデレ来た な、なんだってー!? 不穏だ 感動的なBGMww おやおや